警備員の私の仕事や日常を綴ったブログです。


by 3mofihoyhg

ロゼワインの季節、メルシャンが「オフ会」(産経新聞)

 サクラの花が街を彩り始め、ほのかなピンク色のロゼワインが似合う季節がやってきた。ロゼワインが世界的に注目を集める中、メルシャンは春恒例のロゼワイン・プロモーションで初の消費者向けイベントを開いた。

 プロモーションは業界向けに昨春から始まった。今回のイベントは「春のロゼワインパーティ」と題し、東京・京橋の「メルシャン・ワイン・スクエア」で3月30日に開催。昨年10月に開設したサイト「WINESUKI(ワインすき!)」の会員を対象に募集し、応募者約2 5 0 人の中から抽選により30代女性を中心に24人が参加した。

 会場では、シニアソムリエの濱田知佐さんによるセミナーが行われ、ロゼワインの造り方や世界のトレンドについて解説。濱田さんは「ロゼは、和食や中華、エスニックなどいろいろな料理に合う万能ワイン。色合いや香り、味わいにバリエーションがあり、違いを感じて」と紹介した。この後、11種類の国産・輸入ロゼワインが供され、参加者は旬の素材を使った4種類の料理とともに楽しんだ。

 「ワインすき!」では、飲みたいワインをさまざまな方法で検索することが可能だ。会員になると、飲んだワインの感想を投稿したり、掲示板を通して会員同士で語り合ったりすることもできる。登録は無料で、会員数は現在、約3万3000人。

 イベントに参加した30代の女性は「飲む機会の少ないロゼワインを2000円の参加費で、こんなにたくさん比べながら飲めるなんて貴重な体験。いろんな料理に合うことも新しい発見だった」とグラスを傾けていた。

 同社では、ワイン市場の拡大には口コミの情報発信が欠かせないとみており、今回は赤・白ワインに比べ圧倒的にシェアの低いロゼワインに着目し、サイト会員の「オフ会」のような企画として初めて実施。今後も、テーマを変えながら続けていきたいとしている。

【関連記事】
「生臭み」の原因は「におい」 ワインと魚介料理の組み合わせでメルシャンが特定
10年ワイン販売 メルシャン、2%増586万ケース計画 統合前に体制強化
ヌーボーに冷や水?「ペットボトル入り禁止を」と生産地代表者
ボージョレ、19日解禁へ価格競争激化 1千円未満も登場
押切もえ、巨人Vをカレとワインで乾杯!

法科大学院24校「不適合」、教育内容に問題あり(読売新聞)
抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ(医療介護CBニュース)
<スペースシャトル>山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)
<普天間移設>交渉で「共通認識を」 閣僚協議で首相(毎日新聞)
若林氏の議員辞職は当然=民主・山岡、輿石氏(時事通信)
[PR]
by 3mofihoyhg | 2010-04-08 02:23